共働き世帯から人気を集めている民間学童保育の魅力を解説

共働き世帯から人気を集めている民間学童保育の魅力を解説

仕事で忙しいなら民間学童保育を利用しよう

今の時代、共働きで夜遅くまで両親とも家に帰れないという親御さんも多いのではないでしょうか。まだ小さなお子さんの場合、家に一人だけで留守番させておくというのも不安ですし、お困りの方も多いはずです。しかし、公立の施設だと夜遅くまで預かってくれるような所は少ないです。そこでおすすめしたいのが、民間学童保育なのです。民間と付くことからもわかる通り、民間学童保育は自治体ではなく民間の会社が学校法人などが運営している預かり施設で、両親共働きが当たり前の昨今では需要も高く、数も増えています。
そんな民間学童保育の良いところは何と言っても、夜遅い時間帯まで預かっていてくれるという所です。民間学童保育の場合、大抵夜の19時以降までお子さんを預かっていてくれます。遅いところだと、20時から21時頃まで利用可能であり、夜遅くまで仕事をしている親御さんでも安心して預けることができるようになっています。
また、民間学童保育の場合は塾や習い事の教室などが運営しているパターンも多く、預かっている間に教育を行っている施設も多いです。仕事で忙しい間に預かっていてくれて、教育も行ってくれる、民間学童保育は正に一石二鳥の施設と言えます。

サービスが多様化している民間学童保育は見学して決めよう

教育プログラムや習い事感覚のカリキュラムが充実している民間学童保育は、お子さんの学習や個性を伸ばす場として注目されています。民間学童保育を経営する法人も増えてきており、それぞれに多種多様なサービスを準備しているため、お子さんの見守りというスタンスから一歩進んだ学習環境を選べます。新しいスタイルの民間学童保育を検討したい場合は、近隣にある事業所を調べてみてください。
利用料金やサービスの内容は、個々の事業所で大きく異なります。夕食の提供や送迎サービスを有料オプションで選べたり、延長時間が選べるような事業所もあります。また夏休みのみ利用できるようなところもあるようです。ご家庭の事情に合う民間学童保育がないか、まずはリサーチしてみてください。そしてそれぞれのお子さんが関心を持って時間を過ごせる事業所を見つけることも、大切になってきます。
お子さんに合うかどうかは、体験入学や見学を利用して確かめてみるとよいでしょう。学習や体験プログラムの内容が多様化しているため、お子さんによっては馴染めない環境となる場合もあります。実際に体験することで、その様子をしっかり確認でき、合うかどうか判断できます。お子さんが楽しく過ごせるかどうか、必ず確かめて決めることをおすすめします。

公立の学童保育が利用できなかったら民間学童保育を検討してみよう

現在は夫婦共働きのご家庭も少なくないため、放課後のお子さんの過ごし方に悩まれているお母様も多いようです。そのようなケースで利用を検討されているのは、学童保育です。学校や公共の施設などにある公共の学童保育なら、安心感もあるでしょう。しかし残念ながら、定員オーバーで利用できないケースも出てきています。また夫婦共働きが条件など、入所するための基準があり、それにもれてしまうと利用できません。
そのような状況でお困りの場合は、ぜひ民間学童保育を検討してみてください。利用に際して費用面で高くなってしまう点がネックですが、民間学童保育によって料金差があります。もし費用を抑えたい場合は、近隣に利用しやすい事業所がないか探してみてください。費用が高くなりがちですが、民間学童保育は充実したサービスが魅力で、親御さんがいない時間でも、お子さんが楽しく過ごせる可能性が高まります。
学習のサポートばかりでなく、英語や運動などのカリキュラムが充実している事業所が多く、お子さんの教育に役立つプログラムの利用が可能となります。習い事や塾に通うお子さんが多い世の中において、民間学童保育を利用しながらそれらのサービスが受けられると考えれば、費用面の捉え方も違ってくるでしょう。

人差し指を立てる

ニュース

2021年05月10日
民間学童保育を利用するとどういうメリットがある?を更新しました。
2021年05月10日
家を買ったときにも役立つ民間学童保育施設を更新しました。
2021年05月10日
民間学童保育の比較と活用のコツを更新しました。
2021年05月10日
初めて民間学童保育を選ぶ場合の基本とはを更新しました。
TOP