共働き世帯から人気を集めている民間学童保育の魅力を解説

共働き世帯から人気を集めている民間学童保育の魅力を解説

民間学童保育の比較と活用のコツ

笑顔の家族

住宅ローンの返済や教育費の確保のために共働きをする世帯が増加していますが、一方で小学生の子供が放課後に過ごす場所がないのが大きな問題となります。しかし地域の民間学童保育を活用すると、放課後も安全な環境で過ごすことができます。また民間学童保育では友達と楽しく過ごすことができますが、一方で時間を有効に活用することも大きな課題です。そのために保護者が民間学童保育を探すときには、様々な施設の概要について調べることが多いです。特に小学校に入学するのを機会に学童保育を選ぶときには、事前に個別の施設の説明会に参加することが重要です。個別の施設の運営方針やコンセプトを知ることで、子供一人一人に合った学童保育を見つけることができます。
また経営の安定している大手の運営会社の施設であれば、いつでもクオリティーの高いサービスを利用することができます。とりわけ人気があるのは、食事の提供や送迎などのサービスです。また夏休みなどには朝から利用できる学童保育は、特に共働きの保護者の間でも好評です。一方でハイグレードな施設の場合には、月額料金が5万円前後になることが多いです。しかしスポット利用のプランを選ぶと、必要な時だけ施設で子供を預かってもらえます。

ニュース

2021年05月10日
民間学童保育を利用するとどういうメリットがある?を更新しました。
2021年05月10日
家を買ったときにも役立つ民間学童保育施設を更新しました。
2021年05月10日
民間学童保育の比較と活用のコツを更新しました。
2021年05月10日
初めて民間学童保育を選ぶ場合の基本とはを更新しました。
TOP